JAPAN☆予言新聞

ハリーポッターに関する国内外の話題を更新中です! たまに、私の日記も更新しています(^^; TB&コメントもOK♪

2014年07月

ニューヨークから始まる『ハリポタ』スピンオフ、イギリスで撮影




シネマトゥデイ 7月4日(金)11時57分配信





c669c9e78c2b8ec1a5f4b1b9d484716a



原作者で脚本も担当するJ・K・ローリング - Jeff J Mitchell / Getty Images

 映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースツ・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題) / Fantastic Beasts and Where to Find Them』がイギリスのリーブスデン・スタジオで撮影されることが明らかになった。ワーナー・ブラザースが発表した。

http://www.cinematoday.jp/movie/T0000654/photo/004 シリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』フォトギャラリー

 『ファンタスティック・ビースツ・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題)』は、『ハリー・ポッター』シリーズに登場するホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」に着想を得たもの。物語は、『ハリー・ポッター』シリーズからさかのぼること70年前のニューヨークから始まり、「幻の動物とその生息地」の著者である魔法生物学者ニュート・スキャマンダーの姿を追う構成になるようだ。
.

 リーブスデン・スタジオは、第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)から第7作の後編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)まで全ての『ハリー・ポッター』作品が撮影されたスタジオ。現在は、撮影で使われたセット、大道具、小道具、衣装などを見学できるツアー「ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」も開催されている。なお、前シリーズで使ったセットを使い回す予定はないという。
.

 「幻の動物とその生息地」を含む「ハリー・ポッター」シリーズの著者であるJ・K・ローリングが脚本を担当し、3部作での製作が企画されている。キャストや監督は発表されていない。全米公開は2016年11月18日を予定している。(編集部・市川遥)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00000032-flix-movi

USJ、世界で2番目の「ハリー・ポッター」エリアを公開




産経新聞 6月30日(月)22時22分配信


無題

「USJハリーポッターエリア先行オープン」 当選者向けに先行オープンされた、USJのハリーポッターエリア「The Wizardin World of Harry Potter」=30日午後、大阪市此花区のユニバーサル・ス(写真:産経新聞)

 米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)を運営するユー・エス・ジェイは30日、7月15日にオープンする映画「ハリー・ポッター」の世界を再現した新エリアを、抽選で選ばれたファンや報道陣らに事前公開した。

 今回、披露されたのは、主人公が魔法の練習や仲間と買い物などをする「ホグズミード村」=写真。新エリアの中核施設の一つにあたり、中世ヨーロッパを思わせるれんが造りの街並みが再現され、映画に登場する蒸気機関車「ホグワーツ特急」も見られる。

 ホグズミード村では、映画に登場した菓子や飲み物を販売する店もオープンする。

 家族で訪れた神戸市の小学3年前田真蔵君(8)は、「テレビ(の映像)で見たとおりの迫力があった」と興奮気味。ファンは、主人公らが魔法を学ぶ「ホグワーツ城」なども巡った。

 USJのハリー・ポッターのエリアは、米ユニバーサル・オーランド・リゾートに続いて世界で2カ所目となる。

 ユー・エス・ジェイは450億円を投じて建設し、オープン後には国内外からの年間200万人程度の増客を見込んでいる。


情報提供:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000570-san-bus_all

<USJ>「ハリー・ポッター」先行オープン

毎日新聞 6月30日(月)20時54分配信


無題
<USJ>「ハリー・ポッター」先行オープン
先行オープンでハリー・ポッターの世界を楽しむ人たち=大阪市此花区で2014年6月30日午後5時38分、望月亮一撮影
 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)は30日、7月15日に開業する映画や小説で人気の「ハリー・ポッター」の世界を再現したエリアを先行オープンし、抽選で選ばれたファン数千人がいち早く楽しんだ。開業まで数回、実施する。

 報道陣にはこれまで、シンボルの「ホグワーツ城」だけ公開されていたが、この日は初めて魔法使いの村「ホグズミード村」が公開された。

 エリアの門をくぐり、雪をかぶった石造りの家が連なるホグズミード村に入った来場者からは、歓声が上がっていた。ホグズミード村には、名物の甘いノンアルコール飲料「バタービール」を味わえるパブ「三本の箒(ほうき)」など、物語に登場する店を再現したショップ8店と飲食店2店を集めた。

 徳島県吉野川市から家族3人で訪れた保育士、畑山慶子さん(33)は「想像以上に本格的で驚いた。USJにいることを忘れてハリポタの世界観に入り込める」と喜んでいた。【岡奈津希】


情報提供:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000090-mai-soci
死の秘宝トレーラー
ねむログ ブログパーツねむログ記録する powered by Googleチェッカー
googleチェッカー
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ