『ハリポタ』の名脇役ワーウィック・デイヴィスに注目!主要キャラクターを一人二役できた秘密はチームワークにあり!


2011年11月16日 16時03分

N0037022

特殊メイクもよくよく見ると、すごく凝っているのがわかります! - (C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R. HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND (C) WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
画像拡大


 [シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のDVD&ブルーレイが本日11月16日に発売されたことを記念して、同シリーズでフリットウィック先生とグリップフックを演じているワーウィック・デイヴィスにスポットを当てた特別メイキング映像が解禁された。同映像は、本日発売されたブルーレイの特典映像に収録されている。



 今回解禁されたのは、同シリーズでフリットウィック先生と小鬼のグリップフックの一人二役を務めていた名脇役ワーウィック・デイヴィスに迫った特別メイキング。映像中では「映画の中の彼はチームワークの賜物です」と評されているように、原形をとどめぬほどのメイクを施され、「グリップフック」として命を吹き込まれていくさまが見事にとらえられている。

 ワーウィックは同シリーズではホグワーツ魔法魔術学校の教師フリットウィックも演じているが、その外見はグリップフックとは似ても似つかぬため、違う役者が演じているのだと思っていた人も多いに違いない。小人症のワーウィックは、身長1メートルあまり。「独特の素敵な背丈」と映像中では説明されているその体は、確かに通常よりは小さいかもしれないが、秘められた可能性は無限大であることが今回の映像ではよくわかる。その背丈やメイクばかりが注目されがちではあるものの、演技力にも確かなものがあり、それは何よりも1983年公開の映画『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』でデビューして以降、30年近くにわたってハリウッドの一線で活躍しているという彼のキャリアが証明していることだろう。

 原作の「ハリー・ポッター」シリーズでは、魔法使いを筆頭として、現実世界からはかけ離れた描写がされている個所が物語の中心となることも多く、小鬼や「ほとんど首無しニック」といったキャラクターたちは一見、実写化不可能に思える。だが、それは裏を返せば、彼らを実写という形で表現できれば、スクリーンの中には小説とはまた違う、映画ならではの『ハリポタ』ワールドが広がるということでもある。ワーウィックは、フリットウィック先生、そして小鬼のグリップフックを演じることによって、映画の世界を構築するのに一役買っていることがうかがえるメイキングとなっている。(編集部・福田麗)

DVD&ブルーレイ『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は発売中 税込み価格: 2,980円(DVD)、3,980円(DVD&ブルーレイセット)ほか複数仕様あり




情報提供:www.cinematoday.jp/

人気ブログランキングへ